藤沢駅の歯医者で行なわれている重度歯周病の治療方法

重度の歯周病では、最後には歯が抜けてしまいます。
見た目としては歯茎が下がり、隠れていた歯が露出することで歯が長くなったように感じます。
また、歯茎から膿が出るようになり、不快な口臭がひどくなってくるのも症状のひとつです。
そして歯がグラつくことでうまくものを噛めなくなり、先述したように最後には歯が抜けます。
重度の歯周病での歯周ポケットの深さは7mmや8mm、状態によってはもっと深くなることもあるでしょう。

治療方法としては、フラップ手術とよばれるものをあげることができます。
歯肉を切開し、出てきた歯の根に付着している歯垢や歯石などの不要物をしっかりと取り除くほか、感染を起こした歯肉も取り除いてしまいます。
このほか、患者によっては骨などの歯周組織の再生を目的とした歯周再生療法を受けることになるケースもあるでしょう。
歯周再生療法としては、歯の根表面にタンパク質の種類の一つであるエムドゲインゲルを塗布し、歯が生えるときと一緒の環境下で組織の再生を狙うエムドゲイン法などがあります。

藤沢駅の歯医者であるゆめの森歯科では歯周病の治療、予防が診療メニューとして用意されています。
歯周病についてより詳しく知りたい方や、実際にどういう病院なのかを把握し受診したい方は、この病院のWebサイトである藤沢駅の歯医者ならゆめの森歯科ふじさわにアクセスすれば希望が叶います。