抜歯をしないために歯医者で定期チェックを

歯を抜いて怖い思い、嫌な思いをした方も多いのではないでしょうか?
一度抜いて、嫌な思いをしたのをきっかけに、虫歯の予防に努め始めた…という方もいるかもしれませんね。
抜歯をすることは自分の歯を失うでもあります。
健康な歯で生涯を過ごしたいとお考えの方はこちらのサイトからどうぞ。

歯を抜かなければならなくなる状況とはどういう事でしょうか。
歯をきちんと磨かず、歯垢を餌に虫歯菌が増えます。
虫歯菌が発する酸によって歯は溶けていきます。
早く処置をせずにいると、虫歯菌が歯茎にまで入り込み、歯の土台となる根まで侵食するのです。
そうなると抜歯が必要となるのです。
虫歯の他に歯を支えている骨が溶けてしまう歯周病菌があります。
骨が溶けてしまったのですから、歯を支える土台が崩れてしまった状態となり、抜歯が考慮されます。
さらに、歯が割れてしまったところに菌が入り込んだり割れてしまい噛むことができなくなった場合も抜歯が考えられます。

なるべくご自分の歯を残しておきたいと思うでしょうが、隣の歯まで悪化させてしまうこともある為、抜歯も必要となるのです。
いつまでもご自分の歯で食事を楽しみたいのでしたら、信頼のおける歯医者で一度口腔内をチェックしてみましょう。
こちらのメディカルドキュメントで歯医者を検索してみてはいかがでしょうか。