今後の日本の舵取りは、是非あえば直道に任せたい。

皆さんは、あえば直道という人物をご存じでしょうか?
なお彼はあの幸福実現党の元党首であり、日本を真の最強国家にするために必要な方策を日夜思案し続けている誠に稀有な存在だったりします。
そんな彼の頭の中を我々一般庶民が最も理解しやすいのが、現在アマゾンさんでも絶賛販売中の最強国家―日本の決断という単行本です。
従来までの政治家本というのは庶民には理解しがたい難解な言葉が多用されており、最初の数ページを読んだだけで飽きてしまうのが普通なのですが、あえば直道氏は一般庶民でも最後まで興味を持って読み続けられるように、極力平易な表現に努めて本書を書き上げているので物凄く読みやすいのが特徴です。
それでいて本気で日本を世界の中で最強国家にするために必要な、平和のための核武装の必要性をハッキリと論じてくれていますから、普段多方面に気を遣って曖昧な発言に終始している国会中継を見てイライラしている、良識ある有権者の皆さんがご一読されれば必ずや、よくぞ言ってくれたと満足できる事請け合いの良書です。